スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

最後にMMF触ったのが確か盆休みだったような……w
仕事が忙しいってのは有り難いことなのかもしれんけどね(ノ∀`)

帰宅しても頭使いたくなかったのでPSPをだしたり。
ゴッドイーター再熱したり。
トリガーハッピー強すぎるだろ。
バースト買ってしまいそう。



文章だけだとあんまりなので新作の情報ひとつ。

キャラ選択画面

ファイターもサテライトも複数用意してるよ!
いろんな組み合わせで遊ぼう!

今回はリプレイ性を意識していろんな工夫をしてます。
たとえば……おっと人が来たようだ。

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

手抜き

ゲームを作ってるとどうしても色々と面倒な作業が増えてきます。
そんなとき、うまく手を抜くことで作業を楽に進めることが可能になります。

手抜き=クオリティを下げる
ではないです。
ここではうまいこと力を抜く方法だと思っておいて下さい。

アンブレード戦記を例に挙げてみます。
※ゲーム終盤の画像を貼り付けていますのでネタバレ注意

















クロフネ内
①空中戦艦クロフネ

アビス内
②軌道エレベータ アビス

壁とかのマップチップ使い回してます

ゲームをプレイされた方は分かると思いますが、敵勢力の所有物であるクロフネと
古代人が建造した軌道エレベータの内装が同じだなんて不自然ですね。
でも、これにはきちんとした理由があるのです。

作ってるときに面倒になったのさベイビー

でも使い回しちゃったので設定を無理矢理変更

ワリード様の有難い台詞
ワリード様のルーツは古代人だったんですか!
手抜きも、ほんの数行の台詞で伏線に早変わりです

おわり。

連携範囲と連携力

ヒャッハァまた放置していたぜ!
今回は久しぶりに新作のシステム解説をするよ!

連携範囲内
とりあえずこれと

連携範囲外
こいつを比べてみよう。

上の画像ではこいつ ファイター の周りに緑の枠が表示されてます。
これを 連携範囲 といいます。

連携範囲とは、自機(ファイター)の周囲一定距離で、その範囲内にサテライト(操作キャラ)が入ると
画像のように緑の枠が表示されます。
この連携範囲にサテライトを入れることでいくつかの恩恵を得ることが出来ます。

①サテライトのショットが強化される
ショット強化
あ、なんか2方向から3方向になってるねっ!

②ボム要請が可能になる
ファイターは、自分の意志でボムを使用します。けれど使って欲しい時に使ってくれないと
意味ないです。このゲームではボムの使用をサテライト側から要請することが出来ます
ただし、可能なのは連携範囲に入っているときのみです。
また、必ずしも要請が通るわけではありません。

③連携力が落ちない
そもそも連携力ってなんですかと言われそうですね。これです。
連携力ゲージ
画面右下に表示されているものですね。
この連携力は高ければ高いほど 連携範囲が広く なります。
つまり強化ショットがより多く使えるわけですね。
また、連携力が高い方がファイターのショット1発辺りの攻撃力が高くなります。
この連携力、敵を倒したり敵弾を防いだりすると増えていきますが時間と共に減少します。
しかし、この範囲内にいる間は減少しないのです。




結  論
常に高い連携力をキープして戦おう







最近制作やってないなんてイエナイ……

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

初心者のためのMMF2講座 第四話 【オブジェクトを置いてみよう】

あおき
なんか メチャメチャ放置されていた 気がするんだビ……。

みずき
前回はフレームエディタに入るところまでをやったんだったね。

あおき
おさらいしないと忘れそうだビ~。
忘れたら前回を参照だビね!

みずき
さて、今回のメインとなるフレームエディタは、どういうエディタかというと
「マップとか敵とか諸々のゲージとかそういうものを直接配置するところ」
と思って貰えたら間違いないよ。

あおき
直感的に色々出来そうだビね。早速開いてみるビ!

フレームエディタ

あおき
イミフ!!

みずき
そういうだろうと思ったから画面の見方を記入してみたけどどうかな?

フレームエディタ 画面の見方

あおき
このライブラリっていうところからオブジェクトをドラッグするだけで配置出来るのか……。

適当配置

あおき
なんかすっごい適当に配置してみたけど……
面白くも何ともないビ。

みずき
まあ、訳の分からないものを意味もなく配置しただけじゃ面白いわけがないよね。
でもとりあえずそれは置いといてこれを見て貰えるかな?

配置後の変化

オブジェクトが配置されると、こんな感じに変化がおこるみたいだね。
配置してるオブジェクトの種類が一目で分かるし、わざわざライブラリから
オブジェクトを再配置しなくてもいいんだね。

あおき
なんか講座が それっぽく なってきたビね。

みずき
ちなみに、ライブラリはインストールの時に一緒に入れられるけど
もしチェックを外しちゃってインストールしてない人でもCDを入れたら直接参照して使えるからね。
uepomって言う人が「ライブラリはセンスが微妙だから入れない方がいい」っていってたけど
絵心無い人や初心者の方は習作と割り切ってライブラリを積極的に使う方がいいと思うよ。

あおき
爆発パターンとかなら汎用で使えそうな感じもするビね。

初心者のためのMMF2講座 第三話 【レッツゴーフレームエディタ】

みずき
ええと、前回は各エディタを駆け足で紹介していったんだったね。

あおき
駆け足すぎて 置いていかれた感 が凄まじかったび……。

みずき
今回はそのうちの一つ、フレームエディタについて解説していくね。
じゃあ、まずファイルを新規作成しようか。

新規作成画面

あおき
これは前回やったから大丈夫だビね。

みずき
このように、新規作成したときやファイルをロードしたときは強制的にストーリーボードエディタになるんだね。
これは前回も説明したけど、各フレームを並べて表示してるところだね。
こっから好きなフレーム(場面)を選んで編集していくんだね。

あおき
ええと、今回は新規作成したわけだから、まだフレームは1つあるだけだビね。
フレームエディタに行くには……

フレームエディタへの行き方

みずき
いろいろあるけど、ダブルクリックで行くのが一番速いみたいだね。
キーボードショートカットもあるけど、一度フレームを選択して反転表示してからじゃないと使えない なんていう仕様があるからきっと使わないと思うよ。

あおき
ちなみに、画像見て気づいたけど イベントエディタ や イベントリストエディタ に行くときも
同じような方法を使うみたいだビね。

みずき
さすがに、ダブルクリックではフレームエディタに飛んじゃうけどね。
③をダブルクリックしたとき限定だけど一応、
設定でダブルクリックしたときにどのエディタに飛ぶか選べるようにもなってるよ。

環境設定への行き方

ええとほら、フレームを右クリックしたときに出るメニューに しれっと 環境設定があるでしょ。
そこで出てくるウインドウの「ワークスペース」っていうタブをいクリックすると
下のような画面が出てくるから、そこで設定できるよ。

ワークスペース

あおき
ああほんとだ、ここでフレームエディタ以外を設定しておけば
  ①でダブルクリックしたらフレーム
  ③でダブルクリックしたらイベントエディタ

なんて便利な事も出来るビ。

みずき
さて、今日はこの辺にしましょうか。

あおき
え、今日はフレームエディタを解説するはずじゃ……?

みずき
まあ、タイトル通りレッツゴーになっちゃって事で。


あおき
なんて暢気な。
プロフィール

uepom

Author:uepom
Multimedia Fusion 2というオーサリングツールで主にゲームを作成してるよ。ほんとは色々やりたいんだけど能力がたりないんだよ。

制作ゲーム
twitter
メール

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。